So-net無料ブログ作成

山下公園あたりぶらり散歩 その2 [つぶやき]

山下公園あたりぶらり散歩 つづき

1.JPG
童話「赤い靴」について参加者は誰もわかりませんでした。_(._.)_

2.JPG
DSC04019_R.JPG
山下公園の庭園は春の花が満開、あと1週間くらいは見ごろとのこと
同年輩の年齢を重ねた方々多かったですね
つまり時間がある、金がな????

5.JPG
中華街へつづく並木道は若葉がきれいでした

6.1.JPG

7.JPG
腹ペコで期待膨らむ中華街 修学旅行なのか?学生さんが多いですね
必死で安くて飲めるところを探しました

8.JPG
観光客向けなのか2時間食べ放題1980円という店が多く
それを避けて入店した店で食事、主には紹興酒
(よく行く近くの珍来の味の方がボクは好きですね)

9.JPG
お土産はここ華正樓で肉まんと月餅
肉まんは一つ465円 (税込) 
一つで腹いっぱい、旨いの一言です 


ここからは今回の山下公園ぶらりを計画した友人ご夫妻が先行して選んだ肉まんの食レポです

DSC03858.JPG
DSC03870.JPG

1、重慶飯店:又焼肉まん@306税込 85φ、105g ラージャーメンが入り少し甘目
2、源豊行:大肉まん@330 100φ、180g タケノコの歯触りが良い、味淡白、柔らか目
3、北京飯店:五目肉まん@430 100φ、260g 高菜漬け入り、肉・竹の子大きめに刻んであり味シッカリ
4、翠光園:肉まん@280、80φ、95gネギ塩味、柔らかい

※お薦め順や旨い順てはありません



山下公園あたりぶらり散歩 [つぶやき]

暫らくぶりの友人3人と横浜を散歩をした
朝、風が冷たく強く、みなとみらいのユニクロに飛び込もうかと思ったほど・・・
桜木町駅から定番の散歩コースを歩きます

DSC03912.jpg
ビルの2階のコンコースから一望

DSC03924.jpg
日本丸メモリアルパーク 初代日本丸を展示しています
帆があると勇壮な雰囲気がでていいのだが本日は帆はたたんでおりました
帆は定期的にボランティア100人の手を借りて張っているようてす
これを総帆展帆(そうはんてんぱん)といいすべての帆をひろげることを言うようです

DSC03929.jpg

saildrill_01.jpg
総帆展帆した日本丸
※HPから借用しました

DSC03925.jpg
おやじ仲間

DSC03983.jpg
山下公園に向かう
小腹が空いたのでコンビニでおやつと飲み物!?を調達しました

DSC03988.jpg
大桟橋には残念なら小型て゜したが客船が停泊中
山下公園のベンチでスナックなど軽い飲食をしながら旧交と友好を温めています

DSC03985.jpg
港では一番権限と力があるのはタグボート

DSC04005.jpg
日本郵船氷川丸

DSC04008.jpg
1930年に太平洋横断シアトル航路へ就航した当時を代表する高速貨客船」と観光案内にあります。

DSC03999.jpg
赤い靴を履いた女の子」像

つづきます

里山歩き 宝篋山(ほうきょうさん) [つぶやき]

宝篋山はつくば市北東部にある,標高461mの山です。
東には日本で2番目の面積を誇る霞ヶ浦,遠くに太平洋(鹿島灘)を望むことができます。
また,南西には関東平野を一望でき,空気の澄んだ日には富士山が,北には名峰筑波山,
その先には榛名山・赤城山・日光連山と360度のパノラマを楽しむことができます!
春はヤマツバキ・コブシ・山桜・フジ・ツツジなど多彩な花々で飾られ,夏は新緑に覆われ,
秋は山一面の紅葉と,登山者を一年中飽きさせない景観です。
周辺には,遺跡や文化財も数多く点在し,歩きやレンタサイクルで見て周ることができます。
里山・山歩きに興味がある方は,是非宝篋山トレッキングにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
つくば市HPより

金曜日天気がよさそうなのでご近所さんとハイキングに行きました

1.jpg
宝篋山 常願寺コース

2.jpg
渓流に沿って

4.jpg
ブナ林を抜けて

5.jpg
一呼吸、年齢層が高いのですぐ休憩

6.jpg
宝篋城の空堀跡とある。案内板がなければ気が付かない。

7.jpg
宝篋城の土塁とある。検索すると南北朝時代とでてくるが確かかどうかわかりません。

8.jpg
ツツジの花に出迎えをうけて山頂へ

10.jpg
12.jpg
目の前に筑波山が見えます

12.1.jpg
昼食にカップラーメン、食後にドリップコーヒーで男の井戸端談義

13.jpg
遠く霞ヶ浦が見えます
牛久の大仏も遠望できます

14.jpg
帰路は小田城コース

15.jpg
16.jpg
近くは牛久市の家並

17.jpg
遠くに牛久大仏が

18.jpg
日差しが強い一日でしたが、木陰の路を歩いてきました
トレッキングシューズを伝わる枯葉や草の感触が心地よい1日でした

19.jpg
山歩きは1万2千歩でした。


春の夢 [一日一句]

DSC04569.jpg
DSC04568.jpg

日曜の朝、散歩で見つけた「ま」
水道工事か何んかで道路を掘り返し業者が消えた文字だけ修復し
「ま」だけを新しくしているのだろう・・・推測

「止」と「れ」は別の工事まで待つことになるのか!


今日の俳句

  しまひまで見てしまひけり春の夢   行方寅次郎

  しまいまでみてしまいけりはるのゆめ なみかたとらじろう


勝手な句意
  うたた寝したら夢を見てしまいましたよ
  夢に起承転結があるじゃないですか
  邯鄲の夢かもしれませんね

ボクの夢
  日曜の朝、ウォーキングを速歩でしたせいか午後うつらうつらしてしまって
  少しボケて何度も眠ったような気がした
  うとうとすると夢の続きが出てくるようで
  夢を見るとあと少しなのに!と残念がることがありますが
  今回の夢には残念感?がありませんでした

うたた寝は春に限りますね

季語 春の夢
  春の夢は昔から、「春の夜の夢のごとし」とか「昔日富貴、一場春夢」なとのように、
  華やかだがはかない人生のたとえに用いられる。快い眠りのなかで見る夢には
  どこか艶なる趣が漂う。      俳句歳時記 春 角川学芸出版より






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。