So-net無料ブログ作成
検索選択

雨にうたるるカテドラル 高村光太郎 [詩歌]

高村光太郎が好きで高校生になってよく読んだ

部屋を片づけていたら
当時の高村光太郎/宮澤賢治/集を発見
懐かしく読みふけってしまった
奥付に1964年6月24日 姿屋 とある
品川大井町にあった本屋さん

DSC01682_R.JPG
参考にした本

DSC01679_R.JPG
表紙に挟まっていた新聞の切り抜き 1998年7月11日


高村光太郎が好きで社会人になっても読んだ

冬が來た 「きっぱりと冬が来た 八つ手の白い花も消え」
道程 「僕の前に道はない 僕の後ろに道は出来る」
千鳥と遊ぶ智恵子 「人つ子ひとり居ない九十九里の砂浜の砂にすわつて智恵子は遊ぶ。」
レモン哀歌 「そんなにもあなたはレモンを待っていた」
力強さ。熱烈さ。優しさ。透徹さ。
声に出すと詩のその言葉一つ一つが心に沁みこんだ


ボクが気に入っていたのは
声に出して読むと波長が合った「雨にうたるるカテドラル
誰もいないとき、声にした

おう又吹きつのるあめかぜ。
外套の襟を立てて横しぶきのこの雨にぬれながら、
あなたを見上げてゐるのはわたくしです。
毎日一度はきつとここへ來るわたくしです。
あの日本人です。 」で始まる長編の詩だ

1908年にパリに留学し
たびたび、ノートルダム寺院に出かけ建物を眺めていた様子

激しい嵐の中でも悠然としている、戦っているノートルダム寺院
声読するとその嵐の中でずぶぬれになって立ちすくんでいるような錯覚になる






雨にうたるるカテドラル 全編


nice!(94)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

将進酒    李白 [詩歌]


中国盛唐時代の詩人 李白の詩

子供が捨てずにいた教科書 新選古典二 をパラパラしていたら学習プリントがあった
「将進酒(しょうしんしゅ)」とあり漢文の口語訳文
酒にまつわる漢詩なら李白だろうとWebを探した

今の中国の方々にとって漢文漢詩は日本の古典にあたるのだろう
漢詩を読むのは我々が旧仮名遣いや文法に苦労しているのと同じなのだろうか

DSC01002_R.JPG

自分流の「将進酒」

人生は一度限りで短いものだ
夢を実現させて楽しみを爆発させよう
なにも嘆くことないよ 
ボクの才能を生かすチャンスは必ずあるんだから
大金を使い果たしたって又才能を生かせば金は戻ってくるさ
だからだから今は楽しみに徹しよう

酒を飲む機会があったら乾杯を重ねなければね
ねえ君たち
ボクが酒をおごるから飲めないなんて断るなよ
一曲歌おうじゃないか
酒を飲みつづけてボクはいつまでも酔っぱらっていたいのだ

昔、王さまは高価な酒を振る舞って楽しんだという言い伝えがあるけど
酒場のオヤジはオレの飲み代が少ないと興ざめなことを言ってる
まったく

オヤジさんよ 
貴方に酒をおごる必要があるな
此処にある毛並のいい馬や毛皮の服を小僧に質屋に持って行かせ
うまい酒に換えさせよう
オヤジさんよ
酒を酌み交わし酔って浮世の憂さを忘れ去ろうではないか
なあ

以下将進酒の口語訳文 プリント引用

君は見たことがあるか?黄河に水が天上から流れるさまを。
奔流も、一度海に流れ込むと二度と戻ることはない。
また、君は見たことがあるか? 
高く立派な家にある曇りのない鏡に向かって白髪を映し、
                         我が身が老いてしまったことを悲しんでいる金持ちの姿を。
朝には黒い糸のように黒々としていた髪が、夕暮れには雪のように真っ白になってしまったのだ。
人生というものは、一度志を立てたのであれば、是非とも夢を実現して喜びを味わい尽くす必要がある。
高価な酒の入った金の樽を、ただ窓辺に飾るだけでむなしく月と対面させておくことはない。
天が私というものに才能を与えてこの世に送り出しからには、必ずその才能を生かす機会があるはずだ。
千金もの大金を使い果たしてしまったとしても、再び手元に返ってくることだろう。
羊を煮、牛を料理して、とりあえずは楽しもう。
一回酒を飲む機会があったなら、必ず多くの杯を飲み干すべきである。
岑さん、丹丘君 これから君たちに酒を勧めよう。
だから杯を断ってくれるなよ。
君のために私が一曲歌おう。
せっかく私が歌うのだから、私のために耳を傾けてきちんと聞いてくれたまえ。
山海の珍味を並べ、楽団の音楽に彩られた豪華な宴など、どうしてうらやましく思う必要があるか。
私は、ただ長く酒に酔うことを願っているだけで、酒から覚めることなんか願っていない。
昔から聖人賢者と言われる人たちもひっそりとものさびしい存在なのだ。
酒飲みがその名をとどめているだけなのだ。
昔、陳王が洛陽の平楽宮で宴を催し、一斗が一万銭もする高価な酒を振る舞い、好きなだけ楽しみ戯れた。
ご主人よ、どうして私の持ち金が少ないなどと興ざめなことを言うのだ。
ただちに酒を買い、酒器を手に持って、あなたにお酌する必要があるようだ。
美しい毛並みの高価な馬 高価な毛皮の服 
小僧を呼んでそれを持って行かせてうまい酒に換えさせ、あなたと永遠に続く悲しみを忘れ去ろうではないか。


nice!(148)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感